スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘレン・ケラー  「たとえ五分間でもいいから、一日に一回は美しい花や空の雲や星を見に外へ出ましょう」 

どんな人にとっても、何か特別な楽しみにふける時間がぜひ必要です。たとえ五分間でもいいから、一日に一回は美しい花や空の雲や星を見に外へ出ましょう。詩を諳んじるのもよいし、仕事に疲れた人々を慰めるのも、よいではありませんか。美の女神や喜びの神と笑顔を交わすのを後回しにして、退屈な仕事やおつき合いばかりでは、くたくたになるほど体を酷使しても意味がないではありませんか。こうした美しい、いつまでも新鮮な、永遠なるものを人生の中に取り入れない限り、必ず天の恵みから、われとわが身を閉め出すことになり、その人の目に映り、手に触れる、すべての世界には、灰色の塵が積もることになります。空が大地より明るいといっても、大地そのものを心行くまで楽しまないうちは、大して意味はありません。その美しさを心から愛してこそ、日の出と星の輝きに心から打たれる資格が得られるのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slumber365.blog2.fc2.com/tb.php/96-81bb52e5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。