スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーモニー 

鈴虫のひたむきな歌
それを包むエアコンの音
時折アクセントを加える
車の響き
そして
どこかで鍋だの皿だのが
カンカンと乾いた音を立てている。

電気を消してみた。

無心にすれ違う
命のハーモニーに
宇宙の成り立ちを見たような気がした

何かが胸の奥で解き放たれ
どこまでも広がって行く
心地よさ

それは大きく手を広げ
見るもの、触れるもの
その全て
壊れぬように
そっと…

そっと胸に抱きしめた



これも高校時代に書いたもの。それを何度も手直ししつつ、今日に至る。

 好きではあるんだけど、どこか不細工な気がする。だから、つい、何度もいじってしまう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slumber365.blog2.fc2.com/tb.php/86-ae480176

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。