スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Googleの検索コマンド 

 結構便利なのだが、意外とみんな使っていないのがgoogleの特別構文。

 ここ2週間ほど、「検索 方法」とか、「検索、コツ」などでくる人がちらほらいる。へぇ、と思って調べてみたら、なんかSEO対策の情報はウェブ上にやたらとあるけれど、意外と普通に検索をするノウハウみたいなことを書いたページって、そんなにないのにびっくり。

 ってわけで、とりあえずちょっと使えるかもなgoogleのコマンド一覧をざぁっと打ち込んでみました。各論については、ちょっとずつ書いていく予定。




フレーズ検索 "~"  ex "United States of America"

 語順を変えずに、あるフレーズを検索したい場合

OR検索 A OR B ex. ヒトラー OR ヒットラー
 
 入力したキーワードのうち、いずれかを含むページを検索したい場合。

優先順位検索 A (B OR C) ex. ライブドア (破廉恥 OR 最低)

Not検索 -~ ex. ドラえもん -amazon -税込み

 該当するキーワードを含まない検索結果が必要な場合に使う。

ワイルドカード "A * B" ex. "北の*通りには"


intitle:

 タイトル部分に範囲を絞って検索

allintitle:

 すべてのキーワードがタイトルに含まれているページを検索。あんま使う機会ない気が…。

intext:

 テキストの内部に絞って検索

allintext:

 省略

link: 
 
 入力したサイトにリンクしているサイトを検索。

related:

入力したサイトに関係が深いサイトを検索する(らしい)あまりアテにならない気が…。

cache:

 対象 URL のキャッシュ(Googleがクロールしている際に保存したあるサイトの古いデータ)を表示する。結構旧い情報も残ってたりする。

site:

 あるサイトやドメインに限定して、その内部を検索の文字列を検索

inurl:

URLに含まれる文字列を検索

allinurl:

filetype:

 検索するファイルタイプを指定(html,doc,pdf,jpeg,gif,xlsなど)する。かなり便利。

daterange: 

検索する情報の日付の範囲を指定する。ただし、なぜかユリウス暦で記入しなくてはならなかったりで、しかもあまり精度もよくないと思う。ユリウス暦はこちらで求められる。…いまいち使いこなし方がわからない。

define:

 英語のみだが、そのキーワードの定義を検索できる。ちょっとした辞書のようなもの。


参考文献

ググる―検索エンジンGoogleを使ってネット上の情報を検索すること
津田 大介
4839914923



ウェブサイト

http://www.google.com/intl/ja/help/refinesearch.html
http://www.google.com/help/operators.html
http://www.seogeeks.com/articles/google-operators.php
http://www.googleguide.com/advanced_operators.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slumber365.blog2.fc2.com/tb.php/71-6644cf86

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。