スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04/03のツイートまとめ 

slumber365

英語ってあれなんだよね、なんつーかクッションになる曖昧な要素が少ないので良くも悪くも発言が生々しく直球になる。日本人が英語が苦手な理由の一つはここかも。
04-03 09:19

ツイッタ―を始めたのだけどつまらなくてすぐやめてしまう人が多い原因の一つとして、多分著名人のツイートの多くが純粋につまらないし、だいたいディスコミュニケーションだからだと思う。
04-03 09:09

僕のドイツ語のボキャブラリーと言うのはおそらく1000語に満たないし文法もめちゃくちゃだが、それでも意外と英語をしゃべらないハンガリー人の人とかと会話が成り立ち、あまつさえ冗談を交えて歓談出来るは語学力よりも、コミュニケーションを取ることを諦めないからだと思う。そこが一番重要。
04-03 09:06

ふと思ったのだけど、日本人の英語力云々が良く話題になるけど、多分一番のボトルネックは英語で罵詈雑言やべらんめぇ口調での喧嘩をしない事なのかなぁと思う。きれいすぎるF wordが混じらない英語って、そもそも使える領域も用途も少ないよね。
04-03 08:57

ソフトバンクの孫氏の講演を途中まで読んで感じたのは、自分にはこの人のような歪さと「狂」が足りない。多少人より多めにそうしたものを含んでいるだけに、なおさら絶対量の足りなさを感じる。事をなすのは知恵でも判断力でもなく、「狂」の一字。
04-03 08:51

受験など試験に通ったり知識を獲得する勉強の場合、やる事は二つ、1)要点の把握、2)定着するまで反復、これしかない。これをやらずば、いくつ学習塾に行こうが気休め。学生時代ヴァイオリンを人に教える時、「間違った音程で何度繰り返してもうまくはならない」と言っていたが、それと同じ。
04-03 08:43

塾とか宿題で思い出した。結局人生でほとんど塾にも行かず、宿題もやらずに過ごしてきたが、それでも成績は上から数えた方がいつも早かったし受験はそこそこうまくいった。手段を目的と勘違いしている人ってのは仕事をしていて多いなぁと感じるけど、その萌芽は学生時代には既に見えるのかも。
04-03 08:26

カトリック聖職者による児童への性的虐待が欧米でかなりホットな話題になっている。やっぱり職業的宗教家に独身を制度的に強いるのって不自然。そりゃあ、なんらかの方法で発散する方向に走るよなぁ。宗教家って制度的に量産出来るものではない。けど教会という入物がそれを欲する。その自己矛盾。
04-03 08:01

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slumber365.blog2.fc2.com/tb.php/624-dcb95cd8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。