スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークとディスコミュニケーション 

 さて、久々にネット関連の話題を。

 実はこちらの「304 Not Modified: はてなブックマーカがドンドン馬鹿になっていく」という記事を読んで、少し思うところがあった。
 ソーシャルブックマークとかRSSリーダーって、何か口をあけてるだけで可愛い娘が「はい、あーんして」風にうまいもんを食わせてくれるみたいで、本当に便利。

 特にはてなブックマークは、要するにネット上に情報エージェントだとか忍者をたくさん放つようなもので、すっげぇ便利だし楽しい。特に、最近はだいぶ腕利きの忍者たちと契約できたので、ますますネットライフが充実してきた気がする。

 でも、ちょっとさっきのまなめさんの記事で、「はてなブックマーカとブロガーとの距離」という事が問題にされてて、ハッとした。

 そういえば、ブックマークを使うようになってから、それぞれの記事に直接コメントを残したりトラックバックしたり、そういうのが減った気がする。まなめさんの言う「距離」というのはこれのことなのかもしれない。ブログを読むのがテレビやラジオを垂れ流すのと同じ感覚になってきている気がする。

 記事単位でぶつ切りに消費する感覚と言ったらいいのだろうか。自分の場合、ネットの醍醐味である双方向的なコミュニケーションの要素がブックマークが介在することによって減ったんじゃないかと思う。

 面白いなと思った記事があっても、[面白い!]とかタグ付けするか、せいぜいほとんどの場合肝心のブロガーさんが読まないであろう100文字以内の寸評を書くくらい。この程度の自己完結したレスポンスで満足してしまうのだ。明らかにある種の距離感とディス・コミュニケーションが生じている。

 この感覚がネガティブに発揮されているなぁと思うのが、[これはひどい]タグを気軽につけるようになったことだろう。ブログを始めたころなら、カッカして攻撃的なトラックバックを送ったような記事も、最近は単にブックマークして陰口を叩いて満足してしまっている。これは反省しなければ。(ま、ネガティブトラックバックの応酬がいいことかといわれれば、それはまた違うとは思うのだけど…)

 まなめさんの問題意識に沿って考えていくと、はてブが介在することによって生じる「人と人」、ブックマーカーとブロガーの間の距離感やディス・コミュニケーションという現象が問題の核なのではないかという気がする。だとすると、このブックマークされているブロガーが「「自分の記事が読まれている感」を感じな」いままに、知らないところで話題になっている事態をどう捉えるべきなのだろうか。
 
 思うのだが、こうした傾向は、はてブの構造上不可避であり、今後もますます促進されていくんじゃないだろうか。ソーシャルブックマークというツールにより、ブログや個人サイトは記事ごとにぶつ切りにされ、まさにテレビ番組のように消費されるだろう。そしてはてブ・コミュニティはきちんとしたface to faceのコミュニケーションを伴わない、無責任な野次馬専用の外野席と化すのかもしれない。まなめさんのいう「衆愚化」と言うのは、こういう事態を指しているのだろうか。

 ポジティブに捉えるならば、これはある個人の書いたものに大きな注目が集まりやすくなるというメリットもあると思う。確率の問題で、アクセスの母数が増えることによって、結果としてまなめさんのおっしゃるようにある記事の「ブロガーと向き合」ってみようかと思う人や読者が増えることになるかもしれない。

 しかし、少なくとも自分に関しては、はてブが介在することによってそれぞれのブログの背後に居る人間と関わろうというモチベーションがいつの間にか減少していたことは事実。これはやはり問題かもしれない。無意識のうちにそれぞれの記事をある人格による「著作」としてではなく、「情報」として処理する癖がついていた。(情報収集とネット時代における知の形態

 ウェブにーてんぜろといい、一億総表現社会と言うが、そこにはネットをひとつのコミュニティと見るか、それともただの巨大なデータベースと見るか、ふたつのネット観の相克があるのかもしれない。そうだとしたら、ネットにおけるコンテンツの性質というものを一度検討する必要がある。(でもこれって、一昔前のモヒカン族VS村社会云々と軸が重なってたりして)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slumber365.blog2.fc2.com/tb.php/451-ce5407c7

トラックバックにお返事

先日のはてなブックマーカがドンドン馬鹿になっていくへのいろいろな反応ありがとうご
  • [2006/10/16 23:01]
  • URL |
  • 304 Not Modified |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。