スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JUN SHIBATA -Live- "SECRET" 

JUN SHIBATA -Live- JUN SHIBATA -Live- "SECRET"
柴田淳 (2006/09/27)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る



 圧倒された。

 そして、心の底から幸せな気持ちになった。

 彼女の歌声は一体なんなんだろう。暖かく、優しいじわじわが、心の隙間から染みとおっていく。
 さらに、驚くべきなのはこの圧倒的な迫力。

 透き通った美しい声やその抜きん出た技量…実際、以前から素晴らしい歌い手だった。しかし、ここまで「迫力」のある歌い手だったろうか?畏れすら感じさせる神々しいオーラのようなものが、このライブでの彼女にはある。
 
 かつて彼女の歌に漂っていた、薄幸さを連想させるそこはかとない不安定さ。それが別の何かに昇華され、人間として一皮剥けた。そんな印象を受ける。ステージの上の彼女からは、歌い手としての自信と自分の作品に対する愛情をひしひしと感じる。

 そのせいだろうか、歌っている彼女の表情には、ある種のゆとりすら見てとれた。それが一番際立っていたのは、ジャズ風の難曲「かなわない」。遊び心すら感じさせる歌いこなし方に、彼女の歌い手としての大きさ、そして成長をまざまざと感じた。

 また、Liveならではのハプニング映像も満載。特に「花吹雪」で歌詞をトチった瞬間の表情は必見。また、直前までの威風堂々たる歌いっぷりが別人のような、上がりまくったトーク、その合間に覗く彼女の飾らない人柄も微笑ましく、そして暖かい。合間に挿入されている舞台裏の風景も、これまた必見。

 アレンジもまた、彼女のよさを最大限に引き出している。やはり彼女くらい実力のある人だと、アコースティックが一番はえる気がする。

 歌い手、そして人間、柴田淳の魅力が凝縮された一枚だと思う。柴田淳さん、本当にありがとう。

JUN SHIBATA -Live- "SECRET"


 以下、曲ごとのコメント。

空の色

 のびやかな、ライブの出だしには最適なナンバー。歌もいい立ち上がり。

花吹雪

 力んでいるのか、全体的に彼女らしからぬ微妙な不安定感が漂うのは否めないが、彼女の「伝えようとする」意志がはっきりと伝わってくる、いい演奏だと思う。ぶっちゃけ、このあたりで既に涙腺がやばかった。

紅蓮の月

 この演奏で柴田淳は、自分がスタジオ録音以上のものをライブに期待できる稀有な歌い手であることを実証した…なんちゃって。

 ここらへんから神がかってくる。

紅蓮の月

隣の部屋

 こういう艶めいた歌も自然に歌いこなせるのが彼女の凄みであり、魅力だなぁと感じる。

かなわない

 正直、アルバム収録時は、曲をまだ自分のものにできていない印象を受けたのだけれど、ここでは遊び心すら感じる酒脱な歌いこなし。また、アンサンブル的にも非常にうまくいっているのではないだろうか。名演奏。

小さなぼくへ

 始まる前のMCに、まず心打たれる。

 かつては自分へ向けて歌われたであろう、この歌が、いまは数知れぬ多くの傷ついた人々への励ましの歌として歌われる。自分もこの曲を聴くたびに癒され、大きな力をもらえる気がする。

 心に直に響き渡るような力強く、自信に満ち、それでいてどこまでも優しく暖かな歌いっぷりが素晴らしい。ほぼ完璧な演奏ではなかったろうか。

缶ビール

 曲もいいのだけど、ピアノ一本に減らされたアレンジが絶妙。柴田淳さんの声の美しさが満喫できる。まさに神の造化の傑作。

ピンクの雲

 もはや入手困難となった彼女のデビューシングルの中の一曲。自分も聞くのは初めて。感激。ヤフオクとかできちがいじみた高値がつくわけだ。

 そういえば、今回の選曲の中では唯一乙女チックなナンバーかも。これを聴くためだけにも、このDVDは一見の価値あり。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slumber365.blog2.fc2.com/tb.php/444-559bc17a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。