スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくの前世 

谷川俊太郎の33の質問より

(7)前世があるとしたら、自分は何だったと思いますか?

漂泊の芸人
吟遊詩人とか琵琶法師とか
そういう人間だったんじゃないかな
しかも
たくさん女性を泣かせた気がする。

衝動的で冷酷、そして自分勝手

喉から血しぶきを上げ
相手の頬を張るような歌は歌えたけれど
生涯、
傷つき、病み疲れた人たちの
心に寄り添う歌は
歌えなかった

だから老いが
声と容姿と体力を奪っていったとき
彼には何も残らなかった

そして、
彼は一人
荒れ野で
惨めに野垂れ死んだ

裁きの座

「お前は愛することを学びなさい」

そんな一声で

醜く愚かな屑として
届かぬ想いの哀しさの中
再び生を受けた。

眼に見えぬ力を掴むため
眼に見えるすべてを奪われて…

こんな物語は
いかがでしょう?

金、銀、鉄、アルミニウムのうち、もっとも好きなのは何ですか?
自信をもって扱える道具
エロチシズムといろは
いま自分に一番問うてみたい問い
世界一うまい水
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slumber365.blog2.fc2.com/tb.php/443-701b04fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。