スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英文チェックのバイトをしつつ思う 

 前から気になってたんだけど、なんで日本人って、そうとう英語できる人でも"the"と"a"の違いがわからない人が多いんだろう。

 "the"は何か特定のものに対して、"a"は一般的なものに対して使うってのはみんな常識としてわきまえているんだろうけど、「河に身を投げる」という文章を英訳する場合とかに混乱するみたい。

 さぁ、どっちだ?

 あと、無駄にすっげぇ難しい表現を多用するのは、おそらく辞書が悪いんだろうな。英語に詳しいけど英語喋れない渡部昇一系の偉い人がつくった辞書なんか、そういう感じなんだろうなと思ったり。

 ちなみに、オンラインのalcの辞書、あれおススメ。フリーと言ってあなどるなかれ。アレ使ってる限り、語彙の問題ってほとんど生じないんじゃないだろうか。

 ちなみに話はずれるけどネイティブじゃない人は、無理して英英辞書なんて、絶対使っちゃダメ。そうしろって言ってる英語教師が昔いたけど、寝言だと思う。英語を上達したいんだったら、むしろ類義語辞典を使うべき(だと俺は思う)。

 なんてことを翻訳のバイトをしつつ思う。

 ちなみに、一番大変なのが、日本人が書いた変な英語を直せという依頼。なんかものすごくトリッキーでパズルみたいな英語満載で、いちいち調べたり考えたりするので大変。よほど最初から自分で書いたほうが楽。

 ってか、日本語と同じように、主語と述語と目的語をはっきりさせて書けば、それだけで少なくとも悪い文章にはならないのにね。

 不思議。
スポンサーサイト

コメント

むずかしいです。。。

英語との付き合いはもう本当に長いのに、今だにtheとa(an)の違いはわからないことが多いです。
もちろん寝太郎さんの上の説明は知ってますが、それ以外の使い方があって、これが私にはいつも???なのです。
アメリカの大学と大学院にいた時、ペーパーを書くといつもnative の人にチェックしてもらいましたが、theとa(an)の違いは誰に聞いても「そう言ってるから」でうまく説明できないアメリカ人が多かったです。
私は寝太郎さんと反対で、英語を学びたければ英英辞典を使いなさいと言います。「外国語は翻訳ばかりしていては身につかない」が私が経験から学んだことです。

う~む

>はんなさん

 実はこの記事、mixiの方で書いたものがもとなのですが、そっちでも「そう言われてもねぇ」的な反応が多かったです。

 英英辞典だと、まず説明の文章がさらにわからないってことありませんか?
その点、類義語辞典だと英語での言い換えを覚えられるので、おススメかなぁと思うのです。

 ただ、類義語といっても、その間のニュアンスの問題になってくると、結局ことばの使われている文脈を覚えるしかないって事になっちゃうんですよねぇ。
 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slumber365.blog2.fc2.com/tb.php/427-03fce29c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。