スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いま自分に一番問うてみたい問い 

谷川俊太郎の33の質問より

(5)いま一番自分に問うてみたい問いは何ですか?
 
 自分は何をしたいのか、このことを聞いてみたい。

 小一時間ほど、徹底的に問い詰めたい。


自分はいままで、「やりたいこと」というものを一度も追いかけたことが無かった気がする。

「嫌なこと」から遠ざかることを、「やりたいこと」を追うことと勘違いしていた。

 いままでしてきた重大な選択の基準は、全部、脊髄反射的に「嫌いなヤツの正反対」を行くことだった気がする。

 主体性がなかったって言うか。

 何か大きな目標があって、それを実現するために階段を昇ってくんじゃなくって

 「こいつキライ」

 思った瞬間、絶対そいつの真似だけはしねぇぞみたいな。

 一番最近の例だと、まさにしゅーかつ。

 同期で死ぬほど軽蔑してたクソッタレの俗物男が「自己PR」とかほざきだした瞬間、6割のやる気がうせ、就職課の下品なババァが厚化粧てからせ て、「売れる人と売れない人」について滔々と得意げに語りだした瞬間、こいつらと同じ土台には死んでもたたねぇぞと固く決意したというこの子供っぽさ。 

受験とかも似たような感じだったな。

 偏差値?はぁ?とりあえずてめぇの頭の心配しろよバーカみたいな。ま、そういうくだらねぇこと言ってる連中が軒並み受験失敗してたのはうけたけど。

 で、俺がこいつは一流だなって思うやつはさ、ばかばかしさを承知しつつ、割り切ってスッと同じ舞台に上がり、エレガントに馬鹿どもを蹴散らしていくわけ。そういうことが出来ないあたり、俺は根本的に二流だなぁと…そういうことが最近わかるようになった。

 ホント、脊髄反射なんだよな。

 なんていうか、うまくいえないが、たぶん尊敬できる敵が欲しいんだと思う。逆に言うと、本来競争すべき相手を軽蔑した瞬間、勝負そのものを投げ出す悪い癖が自分にはある。張り合う気がうせるって言うか。勝てるかどうかも、やってみなきゃわからないのにね。

それで、とにかく嫌なことから逃げ続け、勝負から降り続け、糸の切れた凧みたいに、あっちにふらふら、こっちにふらふら風任せ。

気づいたら、ひどいドツボに陥ってた。

 これは罰なんだと思う。

 自分を無駄遣いしてきたことの。

 もっと遠く、ここよりも遥かに遠くまでいけたはずなのに、変なこだわりと卑屈さにより、行こうとしなかったことへの、神様からの罰。

 ある人は俺の「やりたいことをいつも追いかけている」ところに魅力を感じてくれたそうだが、それは勘違い。やりたいことを追うことと、嫌なことから逃げることは、見た目は似ているかもしれないが根本的なところで次元が異なる。

 俺、生まれてこの方、一度もやりたいことをやったことがないかもしれない。いつも与えられた選択肢の中から、「嫌なものから遠い=一番楽そうなもの」を選ぶことの繰り返し。

 でも、気づいてよかったとも思う。

だから、あらためて自分に問うてみたいのだろうね。


「お前は何がしたいの?」

って。


金、銀、鉄、アルミニウムのうち、もっとも好きなのは何ですか?
自信をもって扱える道具
エロチシズムといろは


今日のヒット

ダーリンコラム <ジョアンは、うれしかったのね>

あたしはね、もっと、インターネットのなかで、
ブログを書いてる人とかが、
つらい思いをすればいいと思うの。


 これ本当に名文。

 ちょっと長いんだけど、ぜひ読んで欲しい。

 特に、自分でもブログだとかmixiで文章書いてる人は。

 ってか、読んでください。

 俺からのお願い。

【本当にあった怖い話】信頼は一瞬にして崩れる(第3回)/SAFETY JAPAN [特集]/日経BP社

 実名でネット活動をすることのリスクと可能性。

 まさに諸刃の剣って感じかな。

 でも、これからの時代、こういう形のセルフ・ブランディングって大事になってくると思う。


ITmedia エンタープライズ:ドリコムブログ、利用規約変更にユーザー反発を受けて釈明

 いつぞやの騒動を思い出すなぁ。

 ドリコムってあんまり経営陣についてのいい噂聞かないけど、どうなんだろうね?

本嫌いの人が持っている間違った認識

 自分の身近にいる、読書に苦手意識を抱いている人を見る限り、結構こういうことは感じているように思う。

 本をむやみにありがたがるのは、非常によくない。

 あと、著者を妙に神聖視するのも×。

 実際、物書きでも文章が下手な人っているし。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slumber365.blog2.fc2.com/tb.php/409-5868dbdf

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。