スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

似非鎌倉紀行 

鎌倉よな~ぜ、夢のよぉ~な、虹をお・い・か・けっ・る~♪

はい、古いですね。わかった人、あんたは偉い。
今日は古都鎌倉に行ってまいりました。

えのでんに揺られつつ、大仏のちゃちさを鼻で笑い、建長寺の庭園を愛で、古街道をハイキング。

そして、ぼくの傍らには…

二人のインド人が!

そ、まぁ、人づての人づてくらいで来たバイトで、自分はそのお二方のガイドだったわけ。とても素敵な親子で、知り合えてよかったなぁと思った。

基本的にお寺めぐりだったんだけど、仏教のこと英語で話すの、まじでいんぽっしぶる。

ただ、ひとつだけ、なんとなく通じたっぽいのが、長谷寺の地蔵菩薩の話。

ヴァーっと、大量の小さなお地蔵様がおいてあるエリアがあったわけ。

ちっこいガキのうち死んじゃうと、天国にも地獄にも行けなくて、賽の河原で鬼にいびられつつさ迷う羽目になる。それを助けてくれるのが地蔵菩薩ってわけで、ああやってたくさんの人がお地蔵様を寄進してくんですよ~って彼らに話した。

なんか伝わったっぽい。

でもさ



あれって、たぶん水子供養だよね?

話がややこしくなるから、あえて触れなかったけれど。

なんか、悲しみの渦みたいなのを、あそこのエリアにだけ感じたな。

でも、怨念とかそういうんじゃないの。

むしろ、次生まれてくるときは幸せになって欲しいって、母さんたちの切実な祈りみたいなもの。

なんか、そういうのを感じた瞬間、「あ、地蔵菩薩っているんだな」って思ったね。

なんだろう、あらゆる命を突き抜けたところにある慈愛と救済のベクトルみたいな?

なんか、自然と気づいたら手を合わせていたね。

はい、以上、似非クリスチャンによる、仏教的信仰告白でした。

な~む。



今日のヒット

教科書には載らない、真の世界史

これは秀逸。

一番のヒットは「1521年 ルターが教皇レオ10世に荒らしと認定され、教会からアク禁をくらう。」

「 1937年 7月7日、帝国陸軍志村一等兵、演習中に便意を催し一時離脱。帰隊すると何故か日中戦争が始まっていた。」

これもなかなか

繊細な人

なんとなく、漠然と前から思っていたことをスパッと言ってもらえた感じ。そして、自分が一番嫌いなタイプでもある。

そこそこの才能を持つ人2.0

ネットの普及・一般化によって進行している事態を、すごく具体的にわかりやすく説明すると、こういうことになるのかもしれない。

いい意味での掘り起こし?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slumber365.blog2.fc2.com/tb.php/391-038e9648

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。