スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静かな地殻変動 

 彼女は言った、「お客様」とごく自然な口調で。

 ちなみに、その方はある市の職員。

 パブリック・サーバントということばが肉付きつつあるのか、サービス業としての地方行政という価値観を現場の人びとが抱きつつあるのか。

 ここは全国的に見ても、裕福で、また住民自治が発達した先進的な地域であるにしても、この職員の

「お客様」

 ということばの自然さに、この国で少しずつ何かが変わりつつあることを、確かに感じた。

 悪い変化ばかりではないのだ。

 変わり行く時代の、ありのままの姿を見なければならない。

 極度の悲観主義と極度の楽観主義、さらにその二つを足して二で割ったところに真実があるという見方、この三つの誤謬から自由でありたい。

 そう、思った。

今日のヒット

ハハハのちから

こういう感じ方いいなぁ。これと似たような経験を、さっきした矢先だったので、なおさら深く共感できた。

就職活動で見た凄い奴まとめサイト

こちらの読者って、ぼくより年配な方が多いと思うんですよね。だから、あんまり今どきの就職活動の実情ってご存じないんじゃないでしょうか。

こんな感じです。ここで挙げられているのに近い状況には、何度か自分も遭遇しました。

面白いでしょ?

雑記帳:学生が「不審者通報型パトロール隊」結成 千葉

 純粋にこういう若い人たちって偉いと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slumber365.blog2.fc2.com/tb.php/390-fd2cc0d0

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。