スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加藤登紀子 歌とお酒 

歌ってお酒のようなものなの。壜の中にお酒がたまって、それで蓋をあけるとふっと香りが漂ってくるでしょ。そのふっと漂ってくるものを歌うのがいい歌なんだと思う。


5月19日 午前中 NHKの番組にてお酒の話にからめて
うろ覚え。



 これ、文章に関しても同じだよなぁ。

 心の中にたまってたまって、たまりきって発酵して、蓋をあけるとふっと香ってくるもの。

 それを書くのが、いい文章…少なくとも書かれるべき実感のこもった文章なんじゃないかなぁと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slumber365.blog2.fc2.com/tb.php/373-aa011670

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。