スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真面目な文章を書く 

 心に響くことばをネットで見つけた。

 この記事では良い文章を書くコツについて述べたいのではない。文法や語彙も重要だけれど、それ以前に忘れてならないことがあるのではないかということ。私自身は思いを込めた言葉を選び、誠意を込めた文章を書くことが大事なのではないかと思っている。文章に誠意を込めるとはどういう意味なのかというと…


 ユーモアを交えても軽薄にはせず、自分も他人もおとしめず、扇情的な言葉や侮蔑的な言葉は使わない。つまり真面目な文章を書くということだと考えている。ひとつの言葉にも考慮を重ね、何度も推敲し真摯に表現した文章ならば、たとえ数人にでも私の気持ちや私が考えたことは伝わっていくと信じている。そしてそんな手応えが、今の私にはある。

こころの風景さんより 言葉は相互理解のためにある
 

 どんな文章であれ、ネットで書くと言うことは人にことばを贈るということ。

 たとえ、純粋に個人的なひとりごとであったとしても、アップした先には訪れてくれる人がいる。

 このことを自分は忘れがち。

 だけど、それはWebで文章を書く以上、決して忘れてはならないことだと思う。

 こちらのエントリーは、そんなことを自分に教えてくれた。

ひとつの言葉にも考慮を重ね、何度も推敲し真摯に表現した文章ならば、たとえ数人にでも私の気持ちや私が考えたことは伝わっていくと信じている。そしてそんな手応えが、今の私にはある。


 うん、伝わりましたよ。ずきんと痛むくらい確かに、しっかりと。

 そんな書き手としての手応えを、自分も感じられるようになりたいもの。

 そういえば、先日の自分がここで書いている理由というエントリーで、心をこめて書く」という言い方をしたのだが、それについてはてブでこんなやりとりがあった。 

 「心を込めて書く」とはなんぞや。

 偉そうなことを言いつつ、あまりまじめに考えてこなかったようだ。質問していただいたおかげで気づけた。本当にこういうコメントは嬉しい。

 で、考えた末に

もったいぶった難しい言葉は言い換え、無駄を限界まで削り、伝えたいことがより伝わりやすくなるにはどうしたらいいかと言うことを工夫し抜くこと。つまり伝わりやすさを突き詰めることだと思ってます。


 ということを申し上げたのだが、正直、少しもやもやしていた。間違ってはいないまでも、何か核心を逸れているような気がしていた。

 そんな心境でいたところ、こころの風景さんの「真面目な文章を書く」ということばに出会った。「あぁ、このことばを探していたんだなぁ」と、ストンと腑に落ちるものがあった。

 「ことば」を送り出す先には「人」がいる。

 受け止めてくれる「人」がいる。

 本当にありがたい。

 だからこそ、精一杯愛情を注ぎ、時間をかけ、いまの自分の最善を送り出すことを心がけなければならない。

 そんなことを教えてくれた、素晴らしいエントリーでした。こころの風景さん、ありがとう。
スポンサーサイト

コメント

こんばんわ

こんばんわー。かなりお久しぶりです(笑)

昨日自分のblogでかなり激怒したから
もしかしたらそれを気にしたかなぁ、
と気になりまして。。。。あれは昨日
の夢のエントリーとは関係ありません
ので念のため。

気にしてたら、ごめんなさい。
気にしてなかったら、それはそれでよかったです。

ではでは

こんばんは

>花ずきんさん

 いいえ、そんなことないですよ。

 ご心配なさらずに!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slumber365.blog2.fc2.com/tb.php/366-0f70aa64

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。