スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある人に 

ある人に…
もし
僕が変な見栄を張らなければ
支えになれただろうか

もし
素直に気持ちを伝えたならば
それは心に届くことばだったろうか

もし
あの時抱きしめていれば
泣き止んでくれただろうか

時々
コーヒーを飲んでいたり
自転車をこいでいたり
本を読んでいたり
寝返りをうったり
…そんな
なんでもないような時
思い出す人がいる

ある日
突然彼女は消えた
そんな人はいなかったかのように
キャンパスは変わらなかった

メールも電話も
つながらなかった

まるで
神隠し



気づけばもう3年

もう、顔もろくに思い出せない
ただ
透き通るような笑顔だったことだけが
いつまでも胸に焼き付いている

もし…

もし、またどこかで見かけたならば
あの透き通る笑顔で
いてくれるだろうか

それだけが気がかりで
時々
彼女の為に
祈りをささげる

 あまり説明の必要はないかな…。

 キャンパスというのは不思議なところ。毎年何人かは、突然蒸発する。そして、何事も無かったかのように、日常は変わらない。

 その人とは、ある授業で知り合った。よく喋る、快活な娘だった。バイト先で起こったことなんかを、楽しそうに話してくれた。なんとなくウマが合ったというのだろうか、時々電話をしたり、メールを交換する仲になった。なんとなく気になる人ではあったけれど、別段、恋愛感情とか、そういうのではなかったと思う。…というよりも、そういう気持ちがまとまる前に、その人は突然いなくなった。

 割と休みがちな人だったし、学年も違ったので最初はあまり気にかけなかった。2ヶ月ほど音信不通になったあと、たまたま共通の知人に会って、世間話がてら、「ねー、彼女どうしてるの?」と聞いたところ、彼女が消えていることを知った。そして…その時にはもう連絡がとれなくなっていた。

 その時、何かをしていれば、もしかしたら彼女の消息はつかめたかもしれない。でも、何もしなかった。そして、やがて僕は彼女を完全に忘れた。今では顔もまともに思い出せない…ただ、一度彼女が落ち込んでいる時、僕の前で泣いたことがあった。その時自分は何もできなかった。その時のなんともいえない気持ちは忘れられない。もしもあの時、何か彼女の力になれたなら、何かが変わっていたのだろうか。そんなことを時々思う。

 いま、どこで何をしているのだろう。…せめて、幸せであって欲しいと思う。多分、自分はすごく後悔しているのだろう。縁がなかったと言ってしまえばそれまで。しかし、もしきちんとこまめに連絡をとっていたら、もし、もっと注意深く彼女と接することができていたら、何か力になれたのではないかということを時々思う。

 な~んてね。考えても仕方が無いことはわかってるし、そんな後悔はただの自己満足だってことはわかってるんです。ただ、人と人の絆は一期一会。どんな絆だって、いつかは切れる…しかも時には予想もできないような形で。そして、そのたびに思う。ひとつひとつの絆を大切にしようと。

 ここまで読んでくれた人、どうもありがとう。実は、このことは誰にも話したことがなかったんです。家族、友人、恋人、自分を愛してくれる人…いま、傍にいる人を大切にしてくださいね。いなくなってしまった後の後悔なんて…相手には伝わらないんだから。


この記事へのコメント

ただの自己満足だとしても、

たとえその行為が何も産まないとしても、

後悔は大切なものであり、

完全に割り切れたら人として終わりだと思います。

Posted by 匿名希望 at 2005年06月23日 09:56

小さな後悔っていつまでも残ってしまいますね。
仕方がないではすまないのかもしれないけど、でも、やっぱり仕方がないと思います。
これから先、同じようなことがあったら、今度こそ連絡してあげればいいと思いますよ。
出会った人は親密にならなくていいから、いのちの綱を握っていましょう。

Posted by はんな at 2005年06月23日 18:09

みなさんと同じです。
人って唯一無二ですからね。
やるだけのことはやりたいものですよね。

かくいうぼくも、そうした後悔たくさんしました。
今後も試行錯誤しながら生きていくでしょう。
「やらずに悔いるよりやって悔やめ」
の言葉を大事にしています。

次は「やらずに悔いるよりやって悔や」みましょうね(^^)

Posted by とよ at 2005年06月23日 22:00

>匿名希望さん

 初めましてなんだかそうじゃないんだかわからないのでなんともいえないんですけど(笑)…とりあえずコメントありがとうございます。

 割り切れたら人として終わりかぁ…でも、割り切ってしまいたいなとも正直思うときもあるんですよね。

 でも、確かにこの後悔から得たものはたくさんあると思います。

 ありがとうございました。

Posted by 寝太郎 at 2005年06月23日 23:34

>はんなさん

 命の綱…素敵なことばですね。

 そう、なんか僕ってすごく人間関係に関して両極端で、親密な距離でなくなった途端完全放置みたいなところがあるんですよね。ほどほどの距離をとり続けて関係を維持するってのが苦手なんです。

 もっと、マメなじゃなきゃいかんなぁと、折に触れて思います。

Posted by 寝太郎 at 2005年06月23日 23:38

>とよさん

 あー、でもその時期って、ちょうど「やって後悔」してた時期だったんですよね~。(笑)

 だから、ちょっと、いま思うと人間関係に対してとても臆病でした。う~む、難しいです。

Posted by 寝太郎 at 2005年06月23日 23:41

匿名希望が誰かはアクセス解析でわかるじゃん♪

私のコメントだとわかると「とりあえず反論」してくると思ったので匿名希望♪

悪意はないです

Posted by 2X at 2005年06月24日 09:56

彼女、泣けただけでちょっと救われたんじゃないかしら。
大好きな人にだって、何かしてあげたくても、
肝心なときは何にもできないことがほとんど。
人間って無力です。
でもそれを知っていることが大事かも。

それから、TBの「方針」面白かった。

Posted by あつこ at 2005年06月24日 13:21

>あつこさん

 さぁ…、僕にはいまだになんともいえませんね。自分のなかで整理できていないというか。

 なんかトラックバックに対する方針って、結構ひとによってまちまちですよね~。割と色んな立場から文章を書いている人が多いんで、いずれ自分なりにまとめてみたいなと思ってるんですが…。
Posted by 寝太郎 at 2005年06月24日 19:22
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slumber365.blog2.fc2.com/tb.php/3-9f74f626

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。