スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のプレゼン作法 

 久々にプレゼンをした。 

 やっぱコツがあるとあらためて思った。

 それは極めて単純。

 一言で言うと、「お客さんの身になって考え、話す」こと。

 意外と、実際の内容よりも、そういった心構えで出来は決まる気がする。

 以下、自分のプレゼン作法を、ちょっとまとめてみた。

 

100文字で語れ

 で、なんの話?

 あー、待て。

 とりあえず、結論を先に言ってくれ。結論を。

 ぶっちゃけこういうことなんですと。

 それも100文字で。

 なに、100文字は短い?

 語りつくせない?

 いや、それは、単にあんたが混乱しているだけ。

 100文字で要約できるようになったら、出直しておいで。
 

努力を語るな、結果を語れ

 そりゃあね、一生懸命調べたんだから、ありったけの知識をぶちまけたいのはわかる。

 気持ちはわかる。

 だけどさ、聞いてる方の身にもなってみなよ。

 いいかい、お客さんはさ、あんたがどれだけ努力したかなんて興味ないの。

 みんなが興味あるのは、「結果」だけなの。

 そこを勘違いしちゃいけない。

 「結果」を語らず無駄な枝葉についてぐだぐだ語るのは、それはプレゼンじゃないの。

 ただの、自慢なの。

 それを忘れちゃ駄目。


単純化、単純化、単純化!

 五分でまとめられる話を一時間かけて話すのには問題はないが、一時間かける話を五分にまとめられないのは大問題。

 厳密性?

 貴重なデータ?

 無駄!無駄!無駄!

 詳しいことを知りたいやつは自分から質問してくる。

 結論と根拠だけが伝わればいいの。

 無駄なことは話さない。

 とにかく、コツは徹底的に単純化すること。

 これに尽きる。

 いいかい、難しい話ってのは、要するに中身がないんだ。

 
お客さんに損をさせるな!

 聴いてもらって当たり前。

 どこかでそんな甘えがないかい?

 いいかい?

 あんたの話を聴くために、わざわざ貴重な時間を割いてくれている人がいるってわけ。

 だからね、つまんない話をすることは、犯罪なの。

 時間泥棒。

 その人たちの人生から限られた時間を盗んでるの。

 だから、まず、どうしたらお客さんに喜んでもらえるかを考る。

 そして、どうやって話したら、お客さんに得をさせられるか工夫する。

 この心遣いが最大の秘訣。

 自分だってつまんない話を聴くのは嫌でしょ?

 要は、自分がされて嫌なことをひと様にしない思いやりだよ。


結論

 プレゼンはストーリーテリングである。

 まずは結末を用意すること。

 最短距離を行くにせよ、回り道をするにせよ、必ず目的地を明らかにしてから出発すること。

 無意味な寄り道はしないこと。

 旅路の出来事をお客さんが喜んでくれるように表現すること。

 そして、必ずたどり着くこと。

 とにかく、一言でまとめると、

 「お客さんを思いやって計画し、彼らに感謝しながら話すこと」

 たぶん、これに尽きると思う
スポンサーサイト

コメント

そうですね。

 でもお客さん側の聴取のあり方として、(お客さん側が)自分たちに分かりやすく大胆に話してくれてあたりまえといった風潮があまりにも強くなりすぎると逆に良くないなとも思うのです。

 塾講師やってると、生徒は文字通り「お客さん」として扱うべき存在で、飽きさせない工夫としての楽しい話や踊ったり歌ったりもこちら側はすべきなのでしょうが、それでは教育の本質からはきっとずれてしまうと考えます。

 「教育はサービス業」という言葉には違和感を感じてきた僕ではありますが、「わかりやすくすること」が寝太郎さんの言うような愛から出たものであるならば、その考え方には僕も大賛成します。

たぶんね

 かおるの言うことも一理あるんだと思う。純粋に教室という空間に限って言えば、自分から学ぶって姿勢のない人が多すぎるのも事実だよね。

 でも、俺はうちの大学(どことは言わん 笑)の人びとを見ていて思うのが、あまりにも教育者としてのプロ意識が欠けてるなぁということ。

 ある教授が先日、ここ数年生徒の質が著しく低下した云々みたいに嘆いていたけど、だったら、その質の低い生徒にいかにして理解させ、学びへのモチベーションを奮い立たせるかを各教授が必死で工夫すべきなんだよね。

 金払ってるのは生徒。

 もらってるのは教授。

 そこんところを分かってない人が多すぎるなぁということを強く感じます。

 ってか、要約するとアウトプットが下手すぎ。

 でもね、俺は最近思うんだけど、アウトプットできないということは、中身がないんだよね。知識はあっても、それをメッセージにできない。

 誰も無人島や留置所に百科事典を持って行こうとしないのと同じことです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slumber365.blog2.fc2.com/tb.php/279-8192f78e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。