スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユングへ宛てられたある女性患者からの手紙の一節 

…以前私は、いったん物事を受けいれてしまえば、それが何らかの形で私を圧倒してしまう、といつも思っていました。

 今は全くちがいます。人間は物事を受けいれることによってこそ、態度を決めることができるのです。ですから今の私は、人生という遊戯を遊ぶつもりでおりますし、この一日と生活とがその時に私にもたらしてくれるもの、善いものも悪いものも、たえず交替している日光と陰をそのまま受けいれています

 以前の私は何と馬鹿だったでしょう。あらゆるものを、自分の頭で考えた通りに従わせようとしてあくせくしていたのですから。
スポンサーサイト

コメント

この言葉

とても気に入りました。
「人生という遊戯を遊ぶ」というのが特に。
ありがとう。

はい

>あつこさん

 僕もそこが気に入りました。

 それはそうと、これ少し読みにくいですね。

 段落を区切ってみます。

>以前の私は何と馬鹿だったでしょう。あらゆるものを、自分の頭で考えた通りに従わせようとしてあくせくしていたのですから。
ああ、僕はここから抜け出ようとしているのかも。

そうか

>つよし

 がんばってくれ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slumber365.blog2.fc2.com/tb.php/260-e587b634

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。