スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グローバル精神病院で生き残るために~馬鹿とキチガイの現象学~ 

 さて、今日はヒットラーの弟子として語ってみよう。

 自分はよく誤解されるのが、本来は生粋の保守主義者。社会主義者でもなければ、平和主義者ですらないかもしれない。ただ、馬鹿とキチガイが嫌いなだけ。

 
 キチガイといえば、先ほどこんなニュースを目にした。

「福岡県志免町の町立志免中学校(結城慎一郎校長)で社会科の男性教諭(48)が、授業で「臨時召集令状」を全2年生218人に配って戦争参加の意思を聞き、「いかない」と回答した女子生徒に「非国民」と書いて返却していたことが分かった。結城校長は「戦争の悲惨さなどを教えるためで、問題はない」と話している。

 町教委の説明によると教諭は10月27、31日に「第二次世界大戦とアジア」の授業をした。教諭は副教材に掲載されている「臨時召集令状」をコピーし、裏面に戦争に「いく」「いかない」の、どちらかを丸で囲ませ、その理由を記入させた。
 
「いく」「いかない」の意思表示をしたのは208人で白紙が10人。「いく」理由は「当時としては仕方がない」「家族を守るため」など。「いかない」は「家の事情」「今はいきたくない」などだった。

 「いかない」と回答した女子生徒の一人が、理由に「戦いたくないし死にたくないから。あと人を殺したくないから」と書いた。これに対し、教諭は赤ボールペンで「×」印を付け「非国民」と書き入れて返した。

 女子生徒はショックを受け事情を知った女子生徒の保護者らは「社会科の教諭を代えてほしい」と話しているという。
 町教委は、非国民と書いたことについて「確認できず分からない」という。そのうえで授業の狙いを(1)召集令状の持つ意味を理解させる(2)生徒の歴史認識を把握する――としており「決して思想信条を調べるものではない」と説明している。
【中原剛】
(毎日新聞) - 12月17日10時21分更新」


 こういう連中をおだてて、最前線へと送り込むのが賢いやり方。もっとも、だいたいこう言った虎の威を借りる系のクズは、前線から遠ざかれば遠ざかるほど勇ましくなるという不思議なメンタリティを有している人種なので、扱いに注意を有することは間違いない。

 どうも、リアルでもネットでもこういった連中が増えて、辟易することが多いのだが、そもそも大ボス級のが政治の世界のトップにも居座っているわけだから、ある意味、無理も無い。この世は、いまや巨大な精神病院になった観がある。

 よく自分の文章に引用するのが、以下のパンセの一節。

 
「われわれはプラトンとアリストテレスについて、立派な学者的服装をした姿でしか、想像する事ができない。実際には彼らは実直な人間であり、他人と同様、友人とともに談笑していた。そして彼らは自分の気を紛らわしたくなった時、『法律』や『政治学』を書いて楽しんだ。

 彼らの生活のこの部分は、最も哲学的でなく、最も真剣でない部分であった。最大の哲学的[事柄]は、単純に静かに生活する事であった。

 彼らが政治について書いたのは、あたかも精神病院のための規則をつくろうとするかのようであった。彼らが重大事を語るような外観を与えたとしても、それは、彼らが語りかける狂人が、自分を王や皇帝であると見なしている、ということを彼らが知っていたからである。彼らはそうした狂気をなるべく害の少ないものにするために、狂人たちの原理に入り込んだのである。」
パンセ〈1〉
パスカル 前田 陽一 由木 康
4121600142




 先日ついにブッシュ大統領がイラク戦争開始の根拠となった「たいりょーはかいへーき」の存在を示唆する情報が誤りであったことを認めたわけだが、それについてわが国の総理は「イラクが大量破壊兵器はないと証明すれば戦争は起こらなかった」とかなんとかほざいたそうな。また安倍のキチガイは「彼らが大量破壊兵器を持っていると米政府が考える合理的な理由があった」とかなんとかうわごとを口走っているらしく、まったくどういうわけか政治の世界には馬鹿とキチガイが集中する仕組みになっているらしい。「悪魔の証明」という論理学の基礎もわきまえないような馬鹿が総理だったり官房長官だったりするから恐れ入る。

 また、多くの人はそういう政治家に喝采を叫んでいるわけだが、所詮有史以来民衆とはそういうもの。「市民社会」?笑わせるんじゃねーよ。民主主義を装ってはいるが、結局は巧妙に演出された世襲貴族制なわけで、おそらくはそれでいいのだろう。早い話、世の中は馬鹿とキチガイによって構成されている。

 これは事実。

 大切なのは、世の中を動かすためには馬鹿とキチガイを動かさなければいけないということを肝に銘じること。「一人の人間の死は悲劇だが、100万人の死は統計に過ぎない」と言ってのけたのは、かのスターリンだが、まさしく権力政治の次元からみれば「一人の人間は説得の対象だが、100万人の人間は幻惑の対象である」ということが言えるかもしれない。まさしく必要なのは「操作する技術」であり、幻惑し、夢を見させる技術以外の何物でもない。

 ただし、ヒトラーやスターリンのような傑出した独裁者と、ブッシュだとか小泉だとか安倍だとか、あの類の連中との間には決定的な相違が存在する。

 ヒトラーやスターリンの人格の核にあるものは、あらゆる人間存在および大衆に対する徹底的な、そして崇高なまでの軽蔑。彼らの思考様式には、自らのつくりだしたイデオロギーを絶対的な教義として信奉すると同時に、それを完全に大衆操作のための方便、まがい物として割り切る矛盾が確かに存在した。「大きなウソをつけ」というのはヒットラーの残した至高の名言であり、独裁者の黄金率であろう。

 一方、最近うじゃうじゃ現象している、「ヒットラーの尻尾」たちの思考回路には、ヒットラーやスターリンにあった「矛盾」が存在しない。彼らは、あるいは「こーぞーかいかく」であったり、「神の国アメリカ」であったり、「らち・てぽどん教」であったり、そういった愚にもつかないプロパガンダや神話を本気で信じ込んでいる形跡がある。

 ゆえに、危険なのだ。馬鹿とキチガイは夢を見せられ、その上で操作されるべきであって、そうした夢遊病者を玉座に座らせるべきではない。歴史上そういった連中を頭に抱いてしまった国家は例外なく激しく傾く。

 だからこそ、逆に言うと神話を創り出しつつ、それを腹の底から軽蔑できるほどのカリスマにとっては、今の時代は栄光をつかむチャンスであることは確か。ヒットラーは、いまの日本に生まれたかったかもしれない。

 さて、ここで読者に問う。それでも我々は民主主義を奉ずるべきか否や?


Viva Democracy!!
「いま」書くということ~この政治的なるもの~
アドルフ・ヒットラー 「大衆の心理」
スポンサーサイト

コメント

K-PAX

寝太郎さん、はじめまして。
「K-PAX 光の旅人」という映画をご覧になりましたか? 今日のブログを読んでなぜかそれを思い出しました。ケビン・スペイシーがいいです。
私も時に、この地上の美しいものに見とれたり、人間を不思議に思ったりすることがあります。

Yokoさんはじめまして

>Yokoさん

 はじめまして、こんにちは。

 「K-PAX 光の旅人」…初耳です。火曜日に近所のツタヤが半額なので、探してみようと思います。

 しかし、この文章から連想するっていったいどんな映画なんだろう…。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slumber365.blog2.fc2.com/tb.php/249-e0fce635

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。