スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一連の欠陥マンション騒動についての感想 

 以下、思いつくままにつらつらと。

教訓① 良質なものには相応の対価が伴う。

(安さで競い合うと、結局は質がおろそかにされるという、いいお手本。)

教訓② 市場原理そのものは、「質」の弁別機能を持たない。

(あるいは、持っていたとしても、極めて限定されたものである。異論のある者は、オリコンのヒットチャートやベストセラー、あるいはネット上の人気サイトなどの質を吟味せよ)

教訓③ 規制緩和=自由放任+無秩序=政治の役割の放棄のことだと考えている政治屋、官僚、財界人、その他御用知識人たちが現実の生活に及ぼす害の大きさ。

(マクロなレベルにおける政治の失敗や腐敗は、ミクロな形で必ず反映される。逆に、ミクロなレベルでの社会的不条理の背後には、ほぼ100%マクロなレベルでの構造的要因がある。)

教訓④ 現在のマス・メディアは、体質的にスケープゴートをバッシングすることで満足し、構造的分析能力と機能、さらには意欲を喪失している。

(姉歯氏本人がぶちまけなかったら、単なる悪い建築士が一人いたというだけで話は終わっていただろう。)

教訓⑤ 人相の悪いやつはロクなことをしない。

(ゆえに安倍晋三はナメック星に拉致されるべきである。)

教訓⑥ 武部幹事長はたぶんばか。

(狂牛病ならぬ鈍牛病。)

教訓⑦ 住宅ローンに限らず、借金はするべきでない。

教訓⑧ 不動産業に限らず、これからは、高価格・高品質・高安全性をキーワードに同業他社製品から差別化されたものが売れる。

(中間層の消滅と共に、市場で出回る商品も二極化される)

教訓⑨ 基本的に、世の中は弱い者がさらに弱い者を叩くことで成り立っている。


 こんなもんかね。
スポンサーサイト

コメント

安っぽい・・・

安っぽい建築士と
安っぽい検査会社と
安っぽい施主と
安っぽい政治屋と
安っぽいマスメディアと・・・・

「官から民へ」などという中国共産党も真っ青なプロパガンダを垂れ流したマスメディアは今度は行政が責任を持つべきだ、などと「住民の声」という操り人形を使ってえらそうに何の恥じらいもなくわめき、書き散らかしているようです。都合のいいときだけ行政の責任のようです。今回の事件はまだまだ広がりそうですが、現時点ではっきりいえることは、日本社会における最大の癌は構造的にダメダメな建築業界ではなく売文マスメディアであるということです。多分今回の事件も年末ぐらいまではマスメディアにとってのいいネタであり続けるでしょう。年が明けたら、コロッと忘れるんだから。貴殿おっしゃるとおり、「構造的分析能力」がないんですね。つまり学習能力がないと・・・
こういう事件がおきるたびに考えてしまいます。社会におけるマスメディアとは何のために存在するのか、と。

誰が一番悪いの?

欠陥マンション売れば誰が一番利益を得るか?と問えばやはり施主、設計士はそれ程には潤わないと思う。だからやはり無理に遣らせたに違いないと思う。無理を聞かないならば首を挿げ替えるだけという経営方針が根底にはあると思う。
だからといって設計士の責任は無いとは言えない。そうしたら止めるべきだし仕事請けるのを断れば良かったのだし・・・。
ただこういう不動産業が仕事を作り、ある意味で経済の一旦を支えている事実。武部幹事長の指摘も確かな事実。
でもこれを言った彼はおそらくその不正の一旦を担ってるんでは無いかとも思ってしまう。
  • [2005/11/29 00:30]
  • URL |
  • makoron
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

社会におけるマスメディアの存在意義

>yusukeさん

 うん、一言で言うと「コマーシャル」のためでしょう。いまやあらゆる報道や番組はおまけ、刺身のツマ、ビックリマン・チョコレートのチョコの部分にすぎません。

 まぁ、それでも最近のネットの隆盛を見ていますと、そう将来は捨てたものでもないと思いますよ。マスコミは駄目でも、非職業的に立派な「ジャーナリスト」や論客が育ちつつありますから。…まぁ、悪貨が良貨を駆逐しつつあるのも事実ですが。

結局政治の問題でしょうか

>makoronさん

 なぜ武部氏が馬鹿だと思うかというと、その業界との癒着を露骨にアピールするような発言をこの時期に最悪のタイミングで投下したからです。

 とは言うものの、今回の事件が、そうした構造的な問題の表れであることを示してくれたのは、むしろありがたいことかもしれません。きちんとした政治による規制・指導が行われないところでは、必然的に果てしない自由競争となり、今回のようなことになるということでしょうか。

 規制緩和か大きな政府かという二者選択ではなく、ようはバランスの問題です。

 ちょっと疲れているせいか、なんだか考えがまとまりません。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slumber365.blog2.fc2.com/tb.php/230-e2ab9425

インチキ設計の欠陥マンションに思う

 一級建築士の耐震設計のごまかし、それを認可した検査会社とお役所、施工建設会社と施工主の2社どれを見ても、責任がある、無い、の問題ではないと思う。 「もっと鉄筋量を減らせ!」といった、言わないの論議が又出ているが、いまいち分からないのは、そうすることによ.
  • [2005/11/28 14:10]
  • URL |
  • やぶにらみトーク |
  • TOP ▲

その後の耐震偽装マンション問題、信用回復は業界の自浄作用に期待!

 関係者が参考人として国会喚問された。テレビで放映されたが、関係者の言いたい放題で終わった。見ている人、特にこんなマンションを買わされた人、そこに住んでいる人は之を聞いてどんな気持ちであったろうと思う。 悪人どもの、お互いの罪のなすりあい、それを聞いて..
  • [2005/11/30 16:00]
  • URL |
  • やぶにらみトーク |
  • TOP ▲

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。