スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当にありがたいなぁと思うのです 

 先日、野暮用のついでに浅草に立ち寄った。

 そして、浅草寺にお参りした。
 意外と知られていないのだが、何気に浅草寺は、坂東三十三箇所観音巡礼の第13番札所だったりする。

 そして、実は自分も、ちまちまと休みごとに趣味で関東各地を巡礼していたりする。ちなみに、浅草寺で18箇所目。

 まぁ、話を戻すと、なにせ東京のしかも浅草。いつでも行けるからいいやと思っていたら、なかなか行けずじまい。東京出身者が意外と東京タワーとか皇居に行ったことがないのと同じ理屈かも。

 だから、たまたま近くに野暮用(しゅーかつです)があったので、いい機会だから参拝した。

 巡礼を始めたのは去年の夏。

 その時は、かなり切実な願いごとがふたつあった。

 何かと不幸が続き、精神的に限界だった。

 だから、巡礼といっても別に信仰心からではなく、どこかへ行かなければ気が狂いそうだったから。

 で、自転車で東京、神奈川、埼玉の三都県を野宿しながら駆け巡った。

 行く先々で必死でお祈りした。すがるように、誰でもいいから助けてくれと頼み続けた。

 あれから一年。

 願い事の片方は一瞬で叶い、もうひとつも叶いつつある。

 だけど、それは別に巡礼のご利益ではない。

 そのことが、本当にありがたいこと。 

 変な話で、いまは観音さまに詣でても、何も願いごとはしない。

 手を合わせても、何も頼みたいことがでてこないのだ。

 もちろん、願いごとは腐るほどある。

 個人的な課題も山積み。

 だけど、手を合わせたとき、そういう具体的な願いは出てこない。

 出てくるのはただひとつ。

 「ありがとうございます」

 具体的に何がとか、そういうことではなくて、ただ、ありがたくてしかたがない。

 だから、自然と頭が下がり、手を合わせたくなり、頬が緩んで声がこぼれる。

 「ありがとうございます」

 生かしていただいていることが嬉しくてしかたがないのだ。

 善果を招かざる善因なく、悪果を招かざる悪因なし。
 
 善因に転じざる悪果なく、悪因に転じざる善果なし。

 すべてふさわしきものが与えられる。

 観世音菩薩とは、すべてのいのちの心の声を観、手を差し伸べてくれる仏様。そして観音様は自らが助けるのではなく、ほかのいのちを導いて助けてくれるという。

 この仏教の教えには、ある種の真実があると思う。

 それは、ひとつのはたらきなのかもしれない。

 気がつくと、あらゆる人が誰かにとっての救いにさせていただいている。それは、別に意図したことではない。

 そして、自分もこの一年でたくさんの観音様にめぐり合った。身近にいてくれる人たちのありがたさを、胸が締め付けられるほど強く感じることが何度もあった。

 あぁ、神様って身近にいつもいてくれるんだなぁと感じられる瞬間。

 本当にありがたい。

 だから、たぶんお祈りをするとき、願いごとをする必要がなくなったんだと思う。

 あぁ、そういえば聖書にもあったな。

 あなたがたが祈るときは、異邦人のようにくどくどと述べてはならない。異邦人は、言葉数が多ければ、聞き入れられると思い込んでいる。彼らのまねをしてはならない。あなたがたの父は、願う前から、あなたがたに必要なものをご存知なのだ。 マタイ 6章 7,8節


 すべて、神様がなされるままになされるのが一番よいこと。本当にありがたい。

観世音 南無仏 与仏有因
与仏有縁 仏法僧縁 常楽我浄
朝念観世音 暮念観世音
念念従心起 念念不離心 

 神様が引き合わせてくれるすべての出会いが、ただありがたく、ありがたいから頭が下がり、自然と手が合わせる。こうやって自分の文章を読み続けてくれる方たちも、ひとりひとり僕の観音様。本当にありがとう。

 だから、いまは別に目的はなくお参りを続けている。ただ、楽しいから巡礼をしているだけ。いつか、サンチャゴ・デ・コンポステラもまわってみたいなと思う今日この頃。

 生きているのが一番のご利益。

 生きているって、案外楽しいものなんだなぁ。

 本当にありがたい。

 ありがとうございます。

追伸:てめぇいったい何教徒なんだよっていうツッコミは禁止。
スポンサーサイト

コメント

何教徒でもなく

おお、寝太郎さんもお若いミソラで、巡礼ですか‥‥(^_^)。
わたくしも、巡礼が巡業になるくらい(笑)の趣味と化している昨今ですが、
この「なんだかわからないけれど、ありがたい」というのは、とてもよくわかります。
そして、「なんだかわからない」ってところは、解き明かさず、なんだかわからないまま味わっていたいと思うのでございます。
たぶん、それが神秘なのでは‥と思えます。
巡礼とは、「そこに寺があるから」(爆)‥‥と先日、友人と大笑いしましたが、でも、ほんと、なぜかそういうものに触れていたいと感じる心の不可思議。
何教徒でもないのですが‥。

>mi-keさん

 おぉ、コメントをいただけるとは嬉しいです。

 で、さっそくですが

>「そこに寺があるから」

 かなり笑いました。

 そーなんですよねぇ。

 いやぁ、僕もなぜか小さい頃から神社仏閣、教会(あとなぜかお墓)が大好きだったんですけど、なぜかと聞かれると非常に困る。(笑)

 「、なぜかそういうものに触れていたいと感じる心の不可思議」…いやはや、ごもっとも。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slumber365.blog2.fc2.com/tb.php/204-4b05931b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。