スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフィリエイターに思う 

 佐伯シリルさんの文章を読んで、非常に思うところがあったので、少しアフィリエイターと呼ばれる人たちについて考えてみたい。

 まず、もうけたいと思う気持ちは非常に健全だと思う。したがって、もしブログを使ってお金儲けができるんだったら、してみたいなぁと思うのが人情。また、それは決して間違った欲ではないと思う。

 しかし、世の中の大半のアフィリエイターについて思うのは、読んでくれる人をないがしろにしていませんかということ。あるいは、もっと厳しい言い方をすると、商売するということをなめていませんかということ。

 自分の自由時間を割いてブログサーフィンをしていて、つまんない商品をベタベタ貼り付けただけのチープなブログを見かけると、頭にくる。なんで、自分の自由時間でダイレクトメールみたいな陳腐な内容のものを見せられなきゃいけないんだと。

 儲けたいという気持ちが悪いのではない。ただ、ブログで商売をするということは、現実の世界で商売をすることと何ら変わりはないのではないかと思う。商売をする以上、顧客に得をさせなければいけない。これは商売の鉄則ではないだろうか。ならば、ブログでアフィリエイトをする場合も、そのコンテンツを見て読者が何か得をするようでなくてはならない人様からお金をいただこうと思うのなら、それに見合うだけの喜びを与えなくてはならない

 そうなってくると、結局のところ、重要なのはその売ろうとする製品のプロデュースの仕方なのではあるまいか。例えば、テレビのCMでも、時間いっぱいその製品の映像を映しているわけではない。必ず、テレビを観てくれる人たちがエンジョイできるように、各社ともに工夫を凝らしたCMをつくる。そこでは、ある種の等価交換が成り立っている。

 ところが、世の中の大半のアフィリエイターはどうだろうか。彼らのブログを見て、読者はエンジョイできるだろうか。ダイレクトメールを眺めるのが趣味の人間にっとてはともかく、一般的な嗜好の持ち主にとってベタベタ商品を貼り付けただけのサイトにコンテンツとしての魅力は、たぶんない。

 そして、誤解を恐れずに言うならば、魅力のないコンテンツで商売をしようというのは、それだけで罪だと思う。ようするに、等価交換の原則というものが人の社会にはあって、お金を人様からいただく以上、それに見合っただけのサービスを提供しなくてはならない。

 だから、世の中のアフィリエイターに問いたい。「あなたのサイトを訪れることで、読者の人たちは何か得をしますか?」と。「商品の魅力をきちんと、読者に有益な形でアピールできていますか?」と。「自分が得たいと思うお金に見合った喜びをお客様に与えられるサイトをつくれていますか?」と。

 ところで、アフィリエイターでも、とても素敵な空間を演出している方も中にはいる。実際にそこで、買い物はしたことはないが、時々ウィンドウ・ショッピング感覚で見に行きたくなるようなブログもあるわけだ。例えば、こちらのサイトなんか、僕はとても好き。独特のスタイルでくつろげる空間をウェブ上につくりあげているという感じで。つまり、アフィリエイト主体のブログだからといって、それが即つまらなくなるということはない。要は工夫の問題だ。

 アフィリエイト目的のブログでも、コンテンツを充実させることは可能である。世のアフィリエイターの方々も、ひと様に読んでいただくのだから、そうした方々が損をしないようにコンテンツづくりにもっと励んでいただきたいと思う。
スポンサーサイト

コメント

TBと紹介、感謝です。
「人様からお金をいただこうと思うのなら、それに見合うだけの喜びを与えなくてはならない」
そのとおりと思いますね。

商行為というのは、橋を架けたり船を造ったりするのと同じく、ひとつの技術と思うのです。
金持ちがさらに金を求めるのは、より金持ちに成りたいためじゃなく、商行為の技術に魅了されているからだという気がしますね。狙いが当たる、思惑どおりにコトが進む、そういう喜びであり、利益は単にその結果というか。
金持ちになったことがないので断言はできませんけど(笑)

だから、お金が趣味、生き甲斐っていう人の気持ちも、分からないでもないんですよね。
ただし、科学者や医学者、あるいは芸術家と同様、探究を最優先するあまり、モラル面に無頓着になる傾向もありますよね。

技術としての商行為

>佐伯シリルさん

 うん、それはわかります。

 どちらにせよ、ある種の没頭する境地みたいなのって何をやる際にも不可欠なのかもしれませんね。

 それくらい気合いれてサイトつくってるアフィリエイターさんがいたら、きっとサイトも面白いはずなんですが…。

ご紹介ありがとうございます。
忙しくてブログの解析を怠っていたために気づくのが遅れました。

久々に解析してみると、この日は新しい記事をアップしていないのに、いつもよりアクセス数が多く、「はて?」と調べてみたところ、こちらのページから飛んでいらした人が多かったようです。

私のブログ「Natural Interior」も、ただいまコンセプトというか、今後の方針を再考中です。

考えているのは、

・より「大人系」「シック」を鮮明にさせていきたい

ということと、

・「お宅拝見」など、インテリアを真剣に考えている人々の参考になるような記事を増やしていきたい

ということです。

なにはともあれ、今後もよろしくお願いします。

>asiangirlさん

 いいえ、とんでもありません。

 そうやって、方向性を真剣に考えておられるのは素晴らしいことですね。asiangirlさんのレベルともなると、心意気としては本当に、お店を経営されてるみたいなもののですね。ご立派です。

 これからも楽しみにしております。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slumber365.blog2.fc2.com/tb.php/186-85b46922

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。