スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽と練習について思うこと 

 ここ一週間、学部時代に在籍していたオーケストラの本番が近いということで、ヴァイオリンの練習ばかりしている。音楽というのは、ある種異様な集中力を要求するらしく、ここのところ帰宅即就寝というパターンが定着…しかも時間が長い!!平均して8時間睡眠と言う、大学院生として許され難い惰眠をむさぼっていて、なんだか後ろめたい気分。

 進学してから、学部時代と比較すると、自分の自由になる時間が圧倒的に減った。だから、ヴァイオリンの練習も、昔はどんなに忙しくとも一日一回は触っていたのが、今は一週間に3回できればいい方といった感じで、いささか歯がゆい。しかし、時間がなくなったことで、かえって密度の濃い練習ができるようになったと思う。

 いろいろな人が練習しているのを最近見ていて、ひとつ気がついたことがある。それは、各々の練習態度には「時間を惜しんで手間をかける」傾向と、「手間を惜しんで時間をかける」傾向の二種類にきれいに分かれるということだ。

 思えば、時間が無尽蔵にあったころは、自分は「手間を惜しんで時間をかける」型の練習をしていた気がする。ここで言う「手間」、これは具体的に言うと非常に簡単なことなのだが、ようするに楽譜を忠実に再現する努力のことだ。

 楽譜には、それが求める音程、リズム、強弱、そういったものが当然、ある。音楽とは、基本的にはそれを再現することなのだが、これは口で言うほど簡単なものではない。それぞれの要求には、それに応じた技術と適切な解釈が必要とされるからだ。

 忠実に再現するための練習、それは演奏者にとっては分解と再構成という二つのプロセスを意味する。それは、まず、ひとつの曲をひとつのフレーズに、ひとつのフレーズをひとつの小節に、ひとつの小節をひとつの音程に、ひとつの音程をひとつの音符にと、ひたすら分解する作業。

 演奏がうまくいかないことについては、必ず原因がある。この分解の作業は、その原因を探すための解析の旅であると言ってもいい。その原因を見つけ出し、それを正すための努力、それを自分は練習と定義する。

 そういった意味で、確かに音楽とは芸術であるが、その修練においては甚だ科学的な思考力を要求されると、僕は考える。自分が言う、練習における「手間」とは、こういった思考や集中のことに他ならない。そして、「手間」をかけた練習は、その分効率的であるというのがここでの自分の議論である。ゆえに、「時間を惜しんで手間をかける」練習方法というフレーズを用いる。

 それに対して、「手間を惜しんで時間をかける」練習方法とはどういったものか。簡単に言ってしまうと、ただダラダラと時間をかけるだけの練習である。それは、換言すると自分はがんばっているという幻想への逃避である。音楽において、自己分析―この場合自分の音に対する吟味のことだが―の伴わない練習は、練習と呼ぶに値しないとまで最近思うようになった。

 一般論として、ある事柄の達成のために時間を費やすことによって、あたかも自分が努力をしているかのような幻想に人間は陥る。しかし、そういうのは往々にして単なる逃避であることが多い。だから、何かに失敗したときに、「力の限りがんばったのだけど、駄目だったね」的な片付け方をするのが、自分は好きではない。失敗には必ず原因がある。すべては因果関係に還元され得るのだ。失敗をするということは、それを許すような要因を放置し、それを正す努力を怠っていたと言うことであり、要は自己分析、自分との真摯な対話の欠如なのだ。

 音程や音色、あるいは譜読み、そういったものはたださらう回数を重ねれば、いつかは合うといった性質のものでは断じてない。それを思うにつけ、自分が今まで無駄にしてきた膨大な時間を思い、ひたすら暗澹とした気分にさらされる。

 自分に対して真摯でありたい。ある人の音楽に対して取り組む姿勢というのは、そのままその人が自分自身といかに向き合っているのかを反映しているように自分は思う。

 音楽は、その人の魂をそのまま外に映し出す鏡のような物。だから、自分の音楽に対してもいい加減な妥協をせずに真摯に取り組みたいと切に願うのだ。それは自分にとっては魂の浄化のようなもの。そして自分に対して真摯であることで、初めて他の人々に対しても真摯になれると思うから。

 ところで、明日は本番、こんな駄文を書いている暇があるなら練習しなくては。これもまた、ひとつの逃避の形である。(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slumber365.blog2.fc2.com/tb.php/163-b12c07d3

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。