スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のピックアップ~ショートエッセイ~ 

読書について

寂しさについて

心月孤円万象を呑む

考えるということ


過去のピックアップ

僕のしあわせ
恋暦

スポンサーサイト

コメント

うわぁ~~~☆
またいっぱい共感する箇所がありました。

寂しさについて・・・
「こう思いたい。この経験においてのみ世界への愛が芽生えると。そして、この愛こそが、我々の世界を統べ、保つと。世界への愛を生み、育むこと…それが、この寂しさの持つ意義である。」
私もそう思います。ホント、プラスに捉えたら、きっとそうなりますよね。

私も以前何度か「寂しさについて」考えたことがありますが、私の場合は
「寂しさは、人と人をつなげるためにある。それは人に幾多もの出会いをもたらし、素晴らしい感動を生み出すもの。」と今のところ感じています。

きっと、みじんも寂しさを感じない人間なんていないはず。だったら、その感情は
ベースとなって、多くの人の共感を生む。それが、これからの社会を考えていく上での一つの鍵になるんじゃないかなって、思います。
(^-^)

>sayakaさん

 「寂しさについて」…これは、確か高校時代に書いたものを何回か手直ししたものです。そういうわけで、結構自分で気に入っている文章なんです。だから、sayakaさんにこういう形で共感していただけると本当に嬉しい。ありがとうございます。

 「寂しさは、人と人をつなげるためにある。」そのとおりですね。おおいに共感します。そういう経験があるからこそ、人は出会うすべてに感謝し、世界をいとおしく思うことができるんじゃないかなって僕は思います。

 …と、なんだか青くさい話になってしまいました。(笑)でも、たまにはこういうのもいいでしょう。コメントありがとうございました。
 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slumber365.blog2.fc2.com/tb.php/143-7b80953e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。