スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書について 

 本と向き合う際には、リラックスして、ありのままの自分を維持すること。これが何より大切だと思う。ありのままの自分の実力で、理解できることを理解するべきだ。実力以上のものは、どうせ理解できないのだから。

 だからこそ、古典と呼ばれるような種類のものであるほど、繰り返し読むことが求められる。本そのものは変わらないが、読者は成長する。読書で得られるものは、その時々の自分に見合った気付きであって、それ以上のものではない。

 悪いのは、テキストと向き合う際に、背伸びをしようとすることである。往々にして、そういう際には、自分の実力以下のものしか得られない。自分を偽るものに対しては、良書は自分自身を偽って示す。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slumber365.blog2.fc2.com/tb.php/140-78a6c6cd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。