スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドルフ・ヒットラー 「大衆の心理」 

 大衆の心理は、すべて中途半端な軟弱なものに対しては、感受性がにぶいのだ。

 女性のようなものだ。かの女らの精神的感覚は、抽象的な理性の根拠などによって定められるよりも、むしろ足らざるを補ってくれる力に対する定義しがたい、感情的なあこがれによって決せられる。それゆえ、弱いものを支配するよりは、強いものに身をかがめることを、いっそう好むものである。大衆もまた哀願するものよりも支配するものをいっそう好み、そして自由主義的な自由を是認するよりも、他の教説の並存を許容しない教説によって、内心満足を感ずるものである。かれらはまた、たいていそれをどう取り扱うべきか知らないし、しかも見棄てられていると感ずるものである。かれらは破廉恥な精神的テロや、かれらの人間的自由の憤激するほどの虐待にも気がつかないのだ。かれらは全教説のうちにひそむ狂気に決して気づかないからである。そのようにしてかれらは、目的のはっきりしているこの主張の傍若無人な力や残虐さを見て、いつも屈服しているのだ。

 もしも社会民主主義が、もっと真実さにみちた、しかも同じように獣的な実行力をもった教説と対立するならば、ものすごく苦しい闘争の後にではあるが、後者が勝利を得るに違いない。

『わが闘争』1巻 p54

404322401Xわが闘争 上―完訳 角川文庫 白 224-1
アドルフ・ヒトラー


Amazonで詳しく見る
by G-Tools







ヒットラー、アドルフ・『わが闘争』・第三版・訳・平野一郎、高柳茂・名古屋:黎明書房、1962年

Viva Democracy!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slumber365.blog2.fc2.com/tb.php/134-eb304806

魔女狩りの政治学と漠然とした不安

 「こうやって自由は死んでいくのね。万雷の拍手の中で」                       ― STARWARS EPISODE ? より   「大衆もまた哀願するものよりも支配するものをいっそう好み、そして自由主義的な自由を是認するよりも、他の教説の並存を許容しない
  • [2005/09/16 16:05]
  • URL |
  • シバレイのblog 新イラク取材日記 |
  • TOP ▲

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。