スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

司馬遼太郎  『功名が辻』 

 伊右衛門という男が現在の高知市をつくったわけだが、それはまったく土地を造成した、といえばいえるほどの土木工事だった。

 なにしろ、城に予定している大高坂山や海抜百五十尺で城郭をつくるにはなるほど手ごろだったが、ふもと一帯は、歩けば腰のなかに沈むほどの大湿地帯だった。

 宿命的な地相なのである。奥地から流れてきている巨大な川が、この岡にぶつかって一つは江の口川、一つは潮江川となってそれぞれ浦戸湾にそそぐ。この二つの川のつくるデルタ地帯が伊右衛門の城下になるはずであった。その川がくせものであった。川といっても堤防がなく、大雨がふるごとにはんらんし流れがかわり、いちめんが湖のようになり、やがて干上がると池と湿地をのこす。

 「はたしてできるかしら」
 
 と千代もうたがわしくなっていた。一代の英雄といわれた旧国主長曾我部元親もここに築城することにきめたことがあるが、中途で断念せざるをえなくなった。それほどの工事を伊右衛門がやろうというのである。

 「長曾我部元親ほどの人でもここの築城はあきらめたそうでございますね」

 というと伊右衛門は意外にいいことをいった。

 「元親ならできまい。利口者はえてして気がはやいものだ。おれは英雄ではないから、この工事はできる

 なるほど、伊右衛門には才気がないかわりにねばりがあった。

 治水の経験者である百々越前の意見を入れて、まず江の口川と潮江川の堤防をきずくことから伊右衛門は手をつけた。さらにデルタ地帯に運河を掘らせ、湿地の水を海にながした。

 湿地を埋め立てるのには、中高坂山という岡を切り崩し、その土を盛りつけた。

 さらに、建物のほうの城がある。これを建てるのも大変だった。土佐はもともと瓦ぶきの建物がまるでなく、そのため瓦が焼けない。瓦ひとつでも大坂から移入して来なければならなかった。

 石垣もそうである。土佐の城はほとんど土をかきあげて土居をつくった程度のもので、このため石垣を組む職人がいなかった。伊右衛門は石垣きずきだけのために近江の穴生の者を多数よんで土地の者を指導指揮させた。

 そういう総指揮をしている伊右衛門のすがたをみて、千代は、

(ほんとうにえらいひとというのは、こういうひとのことをいうのではないかしら)

 とあらためて亭主を見なおす思いがした。

 ある夜、

 「感心しました」

 と、正直にいうと、何がだ、と伊右衛門は不審そうな顔をした。このところ毎日工事場に出ているために、土工のように日焼けしている。

 「一豊様がおえらいということに」

 「ふん」

 伊右衛門はわざと鼻でわらった。

 「いまごろ気づいたか」

 「ええ」

 千代も笑っている。

 「どういうところがえらいと思った」

 「そうですね」

 千代は言葉をさがした。

 「鈍感なところ。―」

 「なに?鈍感な?」

 と伊右衛門は妙な顔をしたが、千代にすればそうとしか言いようがない。利口者なら地相をみただけで、ちゃんと目スジが通ってこれはだめだという。ところが伊右衛門はそういうことがわからないから、ひとに「なんとかならないか」とききまわって案を一つずつこしらえては一つずつ実現してゆくのである。大げさにいえば馬鹿の一得というものであろう

司馬遼太郎 『功名が辻』 第四巻

4167663155功名が辻〈1〉
司馬 遼太郎
文藝春秋 2005-02

by G-Tools


 p238~241
続きを読む
スポンサーサイト

杉本苑子 『風の群像―小説・足利尊氏―』  

 このとき尊氏は登子と差し向かいで、朝食をしたためていたが、

「昨夕、疎石禅師を招じて戒を受け給い、三条殿にはいさぎよくご落飾(筆者注:髪をおろし、出家すること)あそばされました」

 細川顕氏の報告に、

「な、なに、直義が様を変えたと?」

 箸をとり落とし、無意識のように立ち上がりかけて、こんどは飯椀までをポロっと手から離してしまった。中身は白粥だったから、たちまち袴がべとべとに濡れる…。

「お拭きいたします。お待ちあそばせ殿、……殿ッ」

 登子の越えも耳に入らぬのか、足をふらつかせながら仏間にのめりこみ、一ッ時近く尊氏は出てこない。咳ばらいひとつ、物音ひとつ聞こえないので、顕氏は心配になり、

「お館、ご気分でも悪うござりますか?」

 仏間の暗がりへ、小声で呼びかけた。

「小四郎か。案じるな。中へはいれ」

 身じろぐ気配がし、尊氏のかすれ声がうながした。

「むかし書いた古反故を見ていたんだ。読んでみろ」

 と、折りたたんだ紙片を投げて寄こす。

「拝見します」

 膝の上に広げたが、塗籠様に造られた仏間は、灯明がともっていないと本尊のお姿さえおぼろげなほど暗い。身をねじって出入り口からの外光をたよりに、細川顕氏は紙面の文字を目でたどった。

「この世は夢の如くに候。尊氏に道心賜ばせ給い候て、後生助けさせおわしまし候べく候。なおなお疾く遁世したく候。道心賜ばせ給い候て、直義安穏に、護らせ給い候べく候」

 日付は建武三年八月十七日。宛名は清水寺。尊氏の署名の下に花押が添えてある、折り皺の寄った虫くいだらけの、願文の下書きであった。

 「建武三年の八月といえば、新田・楠木の支えを湊川にやぶり、破竹の勢いで再上洛をはたされた年ではありませんか。遁世をしたいの、後生を助け給えのと、そこらの糊売り婆さんみたいな愚痴を、なぜ並べておられるのか…」

 「自分でもわからん。なにせ十二年も前に書いたものだ。戦勝の高揚が、おれの若気の感傷を、逆に刺激したのかもしれぬが、楠木兄弟の首を見たのが直接の引き金になったのではないかと思う。判官正成は篤実な人だった。敵味方に分かれさえしなければ、終生、心を許し合える友として交誼が結べたと思うと、その死が惜しまれてならなかった。…でもなあ小四郎、十二年後の今、この文面を読み返しておれが胸をえぐられるのは、直義への情愛の、純粋さだ。嘘いつわりはみじんもない。十二年前のおれは、心から『直義安穏に護らせ給え』と清水の観音に念じたんだ」

 こみあげてくるものを抑えようとしてか、尊氏はぎりぎり歯をくいしばった。
 
 「それなのに今おれは、直義を窮地に追いつめ、ついに世捨て人の境涯まで叩き落してしまった。そんなつもりはないのに、いつのまにかそうなってしまったんだよ小四郎、教えてくれ、どこでいつ、食い違った歯車なのか……」

 細川顕氏の両手をにぎりしめ、自身の手ごと目に押し当てると、子供さながら身もだえて、尊氏は号泣し出した。



『風の群像―小説・足利尊氏』〈下〉 p182~184
続きを読む

隆慶一郎 『捨て童子 松平忠輝』 

…人々は極めて粗末で手軽な小屋に住み、井戸も掘れないのだから堀の水を飲み、同じ堀の水で洗い物もするということになる。まさに最低の生活だが、これを全く気にもしないところに、彼等の逞しさがあった。陽気でどこまでも明るく、お喋りがとまることがない。

 早朝のこの時間は、ほとんどよそ者の訪れはなく、彼らだけの暮らしが展開されるのだが、それが喧騒を極めるのは、そうした事情による。

 これはさすがの忠輝にとっても、全く目新しい状況だった。昼間とはまた違った活気に溢れていて、物珍しさばかりでなく、なんともいい気分でもある。いわば忠輝の気質にぴったり合った場所だったといえる。

 不意に袖をつかまれ引っぱられた。見るといつかの傀儡(くぐつ)の女の子だった。ひどくこわい顔をしていた。

 「だめだろ、こんな時刻に来ちゃ」

 囁くように、だが強い調子でいう。

 「今はまだよそ者を入れちゃくれない刻限なんだよ」

 そういえば何人かの男に嶮しい顔で睨まれたのを忠輝は思い出した。忠輝はおよそ場違いな服装をしている。選択はしてあっても襤褸に近い市場の者たちの着衣と、忠輝のいかにも若殿風ないでたちは、きわだった対照を示していた。

 「そうか」

 忠輝は一言いうと、着ているものをくるくると脱ぎ捨て、下帯一本の裸になった。

 「これでいいかい」

 さすがの傀儡の娘が目を瞠った。次いでどっと笑い出した。

 嶮しい眼で見ていた周囲の男たちも、全く同じ反応を示した。笑い転げたのである。この行為ひとつで忠輝はよそものではなくなったといっていい。この場所にいることを暗黙裡に認められたわけである。

(中略)

 娘の名は雪といった。忠輝に負けないくらいまっ黒に陽焼けした娘の名が雪とはなんともおかしく、今度は忠輝の方が笑った。

 忠輝は例の鉄扇だけを褌に差し、ほかのものはすべて雪に渡した。雪はうけとると小屋の中へ放りこんで、

 「着たらいいわ」

 鹿皮らしい胴着をかわりに渡してくれた。外側に毛がついてて温かく、この季節にはこれ一枚で沢山だった。

 「おなかすいてるんだろ」

 そういわれれば確かにすいている。江戸城内での朝食はほとんど昼に近い。勿論この頃は日に二食である。

 「おいで。一緒に食べよう」

 小屋の裏につれてゆかれた。

 十五、六人の老若男女が車座になった食事をしている。服装はまちまちだが、広場の他の連中に較べてどこか小ざっぱりしている。年頃の女たちの中には、はっとするほど美しい者が何人もいた。

 食いものは大鍋の中でぐつぐつ煮立っているのを、てんでに椀にとって食うのである。中身はよく分からない。肉もあれば野菜もあり魚もあるようだった。味つけには味噌が使われている。雪が椀に大盛りにとって長い箸と共に渡してくれた。

 一同がそれとなく注目している。

 一口食った。熱く、濃厚な味で、しかも辛かった。

 「うまいや」

 いうなりもう夢中になって食い続ける。

 一同がにこっと笑った。食卓でも忠輝は認められたのである。もっとも忠輝自身はそんなことは知らない。

『捨て童子 松平忠輝』上巻 p179~181
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。